制服を買おう! Presented by KunadonokamiAoi ブレザー篇 掲示板 1711751

 

 

 制服を買おう! 


セーラー服篇

INDEX


History
はじめに ~セーラー服の歴史

 セーラー服の歴史について考察しています。

Shopping
購入にあたって

 セーラー服を購入する第一歩。以下は独断の元に選び出した、制服販売を行っているサイトのリンクと、解説です。

■はじめて買います…
■何度か買ったことあります。
■何度も買ってる!

DataBase
■制服データベース

Variation
バリエーションにこだわる

 セーラー服の構造に迫ります。

●私、女性なんですけど
 女性の方々へひとこと。


高速インターネットならフレッツ・ADSL!

ブレザー篇

―Warning!! 警告!―
当サイトはアダルトコンテンツではありませんが、
リンク先に一部、成人向けの内容が含まれている可能性があります。
当該サイトの指示には必ず従うよう、お願いいたします。
当方では一切責任を持ちません。

History
はじめに ~セーラー服の歴史


■セーラー服の誕生

 もともとセーラー服は、女子学生の制服ではありません。ルーツは、ヨーロッパの海軍の水兵服です。セーラーとは「水兵」を意味します。
 その起源は、いくつか説があります。ひとつは、長い航海で大変不潔な衛生状態にあった水兵の、伸びた髪にあったという説です。伸びた髪を束ねていた(弁髪/ビッグテール)のですが、油(ポマード)で固めていたため、背中や首回りがどうしても汚れてしまいます。そこでとある水兵は、四角くて広い布を、首回りに挿んだのでした。この風習が一般化して、広くて四角い襟がセーラー服になったという話があります。
  もう一つは、航海の荒天時に役立つようにという説です。広い襟を立てると、轟音に包まれやすい嵐の甲板の上でも、人の声を聞きやすくなります。実際に手元にある方は、やってみてください。襟の大きさは、ちょうど頭の大きさと同じくらいにできています。これについては、実際の航海術にもあるらしく、信憑性は高いと思います。
 では、先の説は間違っているかというと、そうでもない気がします。風通しの良い腰回りの作りは、船上は湿度が多いですから、通気性を考慮してのものだとわかります。しかし、暑いばかりではなく、寒いことも考えられるのに、この隙間ではどうかとも思います。これは、先の説の「不潔になりがち」という点とも、結びつくと思います。

 つまり、なるべく清潔にしようという考え方と、水兵に役立つ工夫が互いに調和しながら、出来上がっていったものだと、うかがえると思います。例えば、ネクタイはモノを縛ったり手旗信号に使ったり、汗を拭くために、細く絞った袖口はマストに登るときに邪魔にならないように、体に密着しない作りは濡れても体温を奪われず、すぐに脱げるように、白ラインは暗闇でも目立つように、等々。そして、いつしかセーラー服は船乗りの正装として定着し、軍隊で正式採用されます(1859年にイギリス海軍が制定)。

■セーラー服の一般化


ロマノフ王朝最後の皇帝
ニコライ二世の息子
アレクセイ

 このセーラー服を見た当時のヨーロッパの貴族階級たちは、今の私たちと同様に、この服を『可愛らしい』と思いました。これが、当時の子供服に採用されるきっかけとなります(1864年に英国のビクトリア女王が自分の子どもたちに好んで着せた/エドワード王子が着用して以来子供服として流行/フランス説等諸説あり)。子供といえば、特に4~5歳程度までの服装は、一般的にあまり男女差がありません。セーラー服は、幼児の男女に、好んで着せられるようになります(ミディアブラウスと言う名前で流行)。
 この文化は、一過性のブームではなく、確実に定着しました。セーラー服が、当時のプライマリースクールの制服に採用されるようになったからです。もちろん、男女の垣根は、下半身のズボンとスカートという差で、明確に分けられていたものの、セーラーの上着自体は、ほとんど同じものでした。ただ、あまりにも可愛らしすぎるため、それ以上の年齢の男子生徒には、採用されることはありませんでした。これはハッキリいって救いでした。
 さらに、イギリスという当時世界最強の海軍国の文化に後押しされ、子供服としてのセーラーは世界中に波及します。これは日本においても、少なからず関係のある話です。のちの日英同盟は、その最たるキーワードです。

■セーラー服の日本上陸

 当時の日本は、富国強兵策の真っ只中にありました。
 それまでの女学生の服装は、和服でした。いわゆる「矢絣・袴」です。現在では大学の卒業式などでも見受けられます。余談ですが、一年中見られるところとして、レストラン「馬車道」を忘れてはいけません。こちらは跡見女学校の紫色の袴をイメージして「すみれ女史」と呼び親しまれています。明治末から大正になると、この和服を、洋装化しようという動きが盛んになります。その中で、男子の制服は詰襟の学ランが採用されます(1879学習院で男子学生服) 。コレも実は軍服です(多数の解釈がありますが、軍国主義国家での準制服という表現では、例えば警官や憲兵、その他公務員もこの詰襟を制服としています。経済力より軍事力を国力の象徴とする時代では、これを軍服に準ずると解釈するのが正しいと、私は思います。太平洋戦争当時の旧制中学と国民服の関係などは、わかりやすい例でしょう)。

 さすがに女子用の軍服はありませんし、女子の男装の風習はありませんから、洋装化の最初の制服として導入されたのは、バッスル・スタイルのドレスでした。1885年頃、関東の華族女学校(現在の女子学習院)のことです。これは洋装の普及が目的で、和服が一般的だった当時は大変不評でした。庶民からはアヒルが歩くようだと酷評されたとあります。結局このドレスは一般化せず、矢絣・袴を正式とする学校が大半でした。変わって関西では1921年、福岡女学院が日本で初めてセーラー服を女子学生の制服に採用します。これが現在知り得る制服の歴史上、最も明確な論ですが、ただしこれは体操服としてのようでした。標準制服としての採用は、名古屋の金城学院が創めてとする説が、一部で有力視されています。そうした制服の風潮は瞬く間に全国へと波及しました。そして、戦前の女学生はほぼ全員、セーラー服となります。

■セーラー服と水兵服

 ただこの流れは当時の世相からすれば爆発的だったものの、かの水兵服の変化と並行する部分と、独自の方向性を持った部分とが複雑に入り組んでいます。例えば胸当ての存在は、男性である水兵には不要なもので、古い水兵服にはついていません。その当時の水兵服も胸当てのないものが比較的多かったのですが、日本で最も古いとされる福岡女学院のセーラーには、しっかり胸当てが存在します。これは、福岡女学院のセーラーが水兵服から、直接取り入れられたものではないことを意味します(史実では当時のエリザベス・リー校長が自分の着ていたセーラー服をモデルにとある)。

 では、女学校の制服と水兵服が無縁だったかといえば、それはノーです。実際には、セーラー服の多様化は、水兵服の多様化と並行するものだったのです。当時の服飾産業は、学校制服よりも軍服が主でしたし、そうした工場が学校制服も作るとなると、当然コストを考慮して、同じ型が用いられます。その裏づけとして、現在のセーラー服が各校でさまざまなように、実は当時の水兵服自体も各船でまちまちだったのです。例えば全国共通という概念も、統一された軍服もありませんでした。水兵服が各船で競って型を変えていく中で、それと並行するように、学校制服もどんどん多様化していったのです。こうなると、どこが最初かという論は大して意味がなく、各地で勃発的に制服が採用されれば当然、そのスタイルもまちまちとなるわけです。比較的近い距離にある学校同士ならともかく、東京の女学校が名古屋や福岡の学校の制服を実際参考にしたとは考えにくく、当時身近にあった水兵服を参考にするか、もしくは海外から来ていた女性講師が関わるのが自然です。そしてこうした多数の原点が、現在のセーラー服の地域性や変遷に多大な影響をもたらしました。

■セーラー服のルーツ

 さらに細かく考えてみます。
  福岡女学院のルーツは欧米の女性用で、恐らく金城学院もその例に近いと思います。両者とも、関西襟、名古屋襟のルーツと考えてもいいかと思います。これとは異なる関東襟のルーツは、女子学習院あたりがルーツかと思われます。関西系の特徴である「大きな襟と広い胸当て」は、この当時の特徴を引き継いだものと、私は考えています。逆に関東襟は、既に一般化しつつあった水兵服を女性用に改良し、導入したのではと思っています。そのため、胸当てが後付けになっている例が多いわけです。

 その他、セーラー服の下に着るベストやジャンパースカートの歴史も、この頃まで遡るようです。しかし、ルーツとして実証するにはあまりにもパターンが多すぎる上、しかも地域の普遍性や波及の経緯にまで言及するには、資料が乏しすぎます。そうした例を掻い摘んで語るなら、私の解釈としては、男性用のセーラーでは、女性の場合下に何か着る必要があるためと考えれば、こうした方向性を証明できると考えます(サトウハチローの小説「あべこべ物語」中にも《うろ覚えですが》ジャンパースカートの着用が書かれています。兄妹の心と体が入れ替わる、大変痛快な昭和初期の児童小説です)。

 余談ですが、ストッキングの存在も、実は当時までさかのぼります。
 今でこそ化繊のストッキングが当たり前ですが、当時はまだナイロンはまだ誕生していません。その頃のストッキングは、絹が当たり前でした。対米輸出品としての絹の存在は大変重要で、養蚕は日本の重要な産業でした。そうした時代ですから、絹のストッキングは確かに安くはないものの、手に入りやすい製品だったのです。
 ハイレベルの私立の女学校では、その当時から黒のストッキングが好まれていたようです。

■セーラー服と当時の社会背景

 このセーラー服の採用に関しては、男尊女卑という時代背景の影響も否定できません。セーラー服自体は、水兵に正式採用されましたが、士官や将校には絶対に採用されません。つまり、セーラー服は下級兵士の服であって、言い換えれば「被支配階級」の服なのです。
 男尊女卑の社会の中では、男子の服を女生徒の服に採用するなど、非常識というより、まったく考えられないことでした。 しかしセーラー服は、海外では既に子供服として定着しており、女生徒が着る制服としては、大変理に適ったものだったのです。そして、セーラー服は女子生徒の制服として一般化し、軍服とは別物というか、むしろ軍服よりも一般人に馴染みの深い制服として定着したのです。

 水兵の所属する日本海軍は、進取精神に富んでいました。セーラー服という欧州の水兵服をいち早く取り入れたのも、当時の海軍らしい判断です。海軍は意外ですが、敵性語でありながら航海士の常識として英語教育を徹底したり、また先見を持って航空機や空母に力を入れました。当時の女学校と海軍の関係も、こうした進取精神でのつながりがあるような気がします。しかし皮肉にもそれは、女学生たちの悲劇につながる一因だったのかもしれません。時代は、先の見えない暗黒へと突き進んできます。

 太平洋戦争の悪化の中、女子学生の制服もピンチに立たされます(1942婦人標準服が考案)。これによって、スカートは禁止されてもんぺに姿を変え、セーラー服は、襟を「ヘチマ衿」という形状に切る学校もありました。女子学生は何とも色気のないスタイルで戦時をすごさなければなりませんでした。これは学徒動員による勤労動員、つまり工場労働に対応するためでした。そして「ひめゆり」に代表される、沖縄の学徒いや、女学生たち。彼女たちもセーラー服を着ていました。セーラー服の歴史を語る上で、最も悲しい事実です。

 その後終戦となり、物資の不足から、制服の着用が困難な学校も多数ありましたが、配給制を経て、1955年までにはどこの学校も再び、セーラー服の着用を定めるようになります。

 以後、平和な時代になってからは、セーラー服は緩やかに少なくなってきます。ここで記述した歴史的な背景も、その理由なのかも知れません。しかし、そうした過去を持つからこそ、その歴史を的確に理解して、次の世代に確実に受け継いでいくのは、とても大切なことではないかと、私は考えます。セーラー服には、そうした時代の生き証人という役割が、私たちが考える以上に、あるように思えます。セーラー服が決して、マインドコントロールの道具になってはならないと、願わずにはいられません。

 昔の女学生の制服に関しては、レトロ女性写真館の「制服女性の部屋」に貴重な写真があります。こちらのサイトもリンクが大変充実しており、特に「女学校関連」のリンク数は圧巻です。

■戦後の制服

 制服という言葉には、統制を取るための服という意味があります。軍国主義のもとで団体意識を育成するための道具、という位置付けは、決して否定できないものです。しかしこの、軍国主義という目的は、平和国家への道を歩み始めた時点で、既に失われています。軍国主義の片棒を担がされた制服が、どうして戦後再び採用されたのでしょう。

 制服による団体意識の育成は、高度経済成長を迎える上で、非常に重要な役割を担っていました。制服による団体意識の育成によって、会社という組織が大きな力を持つようになったのです。組織社会で重要な各組織の連帯意識は、教育課程で育成されるべき、大切なものです。戦後の制服は、徹底的にダメージを受けた社会を、根底から復活させるための、大切な役割を担っていたといえます。

 別の観点から制服を考えると、例えば警察や消防といった組織も、制服が重要な意味を持っています。警察の制服は、その絶大な権力を象徴するものですが、同時に着ている人間に対しても、その意識を助長させます。警察の効力を直接的にアピールしているのが、制服です。またこれは、警察という組織の連帯意識にとっても重要です。
 権力とは関係ない、一般人における制服も考えてみましょう。
 私の知人にお寺のお坊さんがいます。いつもは袈裟を着てお勤めされていますが、たまたまジャージを着ているときに、街中でお会いしました。「まるでお坊さんじゃないみたいですね」というと「袈裟のありがたさなんですよね」と言いました。なるほど、ジャージでは、お坊さんとしてお勤めを全うするのが難しいわけです。制服には、その仕事に従事する人にとっても、大切な役割があるのに気がつきました。

 学校制服は、誰が見ても一目で「学校」という組織の一員であることを認識させます。個性を尊重する最近の風潮では、否定的な意見も見受けられますが、この制服によって、生徒自身が守られている部分も多々あります。普段着では不特定多数の子供に過ぎませんが、制服を着ることで、学校の責任を追求されます。これは、責任能力のない子供を、社会的に学校が保護するという目的をもっているわけです。

 戦後の親たちは、混乱した社会で子供たちを守るために、制服の復活を強く望んだのでした。そしてそれは、その後の劇的な経済的復活の一助を担っていたと、私は考えています。またそれは、本来水兵の服であるはずのセーラー服が、既に軍服としての意味を完全に失っているということの証明でもありました。セーラーは戦争時代を生き延びながらも、着実に女学生の服として認識されるようになっていました。

 終戦して間もない頃は、一時的に制服の配給制もありました。圧倒的に物資の不足していた時代ですから、それでも全ての生徒が制服を着られる状態ではありませんでした。こうした中で、それまでセーラーの下に着ていたベストが廃れたり、ジャンパースカートが腰スカートになったり、という大変貌を遂げます。この変遷によって、ほぼ現在と同じスタイルと構成の、セーラー服が一般化します。

 同時に、制服とは違う「標準服」という考え方も、この時代に生まれました。これはもともと、制服を着ることが出来ない子供を配慮したものです。制服を買えない家庭も当時多く、転校生などにも配慮し、制服として強制するのではなく、準じたものを着ましょうという考え方です。戦後間もない頃は、旧陸軍の制服を墨で染め、学生服にしたというエピソードは珍しくありませんでした。現在ではそうした家庭も激減し、本来の制服としての位置付けで理解されていることが多いですが、短期間の転校の場合など、この標準服という意味が生きている場面も実際多いです。また、制服が持つ、軍国主義的なイメージから脱するための方針ともいえます。そうした傾向は、共産主義の色濃い都市部では、特に顕著でした。逆に、保守的な意識が根強い地域では、制服として復活したパターンがほとんどでした。

■学生紛争時代の制服

 その後、時代は学生運動へと進んでいきました。都心部でのその影響は大変すさまじく、昭和44年の高校紛争でピークを迎えます。特に東京都心の公立高校の活動は目覚しく、その結果として、自由な雰囲気を求める意見から標準服化の傾向が一層強まります。それ以後、既存の都立高校の多くは、標準服という方針を明確にしていきます。それまでの制服を単に標準服に置き換えたものですが、例えばネクタイや靴下の選択の自由が明確になり、バリエーションや着こなしが豊富になった反面、学校によってはほとんど制服を着用しない生徒も多くなりました。こうした生徒の多くは、行事のみしか制服を着用しません。この時代に標準服を選択した学校の、現在も変わらぬ傾向です。

 しかし、高校紛争自体は当時の大学紛争ほど、強力な勢力だったわけではありません。そのため、他地方ではそれほど色濃い影響は出なかったようです。もちろん当時の世相としては、全国的な影響も多大でした。制服という観点から考えた場合、逆に関西方面や他地方では、戒めのために学校側が厳しく対応し、その結果より一層制服が堅固なものになったという背景が、あるように思います。また、その後の第二次ベビーブームに至るまでに乱立する新設校は、公私立を問わずに、ファッション性に富んだ制服を提案するようになります。この時代に花咲いた「標準服」は、既に一部の都立高校等にしか残っていません。

 セーラー服という観点でこの時代を見た場合、この標準服化の際に、自由度の高いブレザータイプに切り替える学校がかなりありました。戦後の混乱期に華々しく復活したセーラーですが、この頃になると、徐々に黄昏の道を歩むようになっていきます。掘り返したように「軍服」であったことを指摘する風潮はほとんどありませんでしたが、標準服化の風潮は、セーラーにとっては逆風の荒波といえるかもしれません。とはいえ、先述の地方の傾向で言うなら、セーラーを大切にしようと訴えた学校も多かったわけです。

 こうした歴史を紐解くと、実にさまざまな時代背景が影響しているとわかります。そして、制服の持つ意味や、その役割も、時代とともにどんどん変化してきたと理解できます。これは、今後についても言えることです。

 セーラー服が水兵服としての役割から離れていき、軍国主義はもちろん管理教育の目的も、失われつつあります。制服を選ぶという観念も、高校進学の重要な要素になってきていますし、少子化による「小中学校選択制度」もまた、そうした時代の流れから生まれたものです。制服という言葉には、いろいろ意味合いがありますが、それも、それを着る子供と着せる学校、社会によっても、大きく変わるものです。
 よい点もあれば、悪い点もあります。それを冷静に考え、制服という文化を、より良いものにしていくことは、次の世代を育む上で、非常に大切なことではないかと、私は考えます。それは、「制服」「標準服」という、言葉以前の問題です。

■セーラー服の一大生産地

 日本一のセーラー服生産地とはどこでしょう? それは、岡山県倉敷市の児島です。
 干拓地の農地が広大だった児島では、塩分の多い土壌に適した綿の栽培が盛んでした。それが、日本有数の繊維業へと発展させます。それまで和服の生産が主だった大正時代末期、一般服の急速な洋装化に伴い、新たなアイデアを必要としていました。そこで思いついたのが、学生服の生産だったのです。

 当時はまさに、詰襟・セーラー服の時代です。児島の学生服産業は着実に売上を伸ばし、戦後の1963(昭和38)年にはなんと1006万着という新記録を達成しました。 しかし、再び時代は変わり、制服を廃止する学校、ブレザーに替える学校も増え、1970(昭和45)年には生産量は半分以下に落ち込んだといわれています。素材も木綿からナイロンやテトロンという合成繊維に変わったことも、理由の一つです。
  その後はジーンズに進出する業者も出てきましたが、現在でも学生服の全国シェア70%という、圧倒的な数字を誇っています。

 なによりこの日本一の生産地が残した功績は偉大です。それは、セーラー服の型の全国統一です。それまでは下手をすると、各校で全く統一されていなかった制服が、全国を手がける企業の登場で、工場ラインで管理できるようになりました。その恩恵によって、セーラー服の型がほぼ今の形に定まったとも言えます。この例に倣わなかった学校では、それ以前の独自性に富んだセーラーを受け継いでいますが、多くの学校がこの安くて品質の良い、セーラー服に切り替えたのです。

 全国シェア1位のメーカー「尾崎商事」をご存知でしょうか。1854(安政元)年創業から144年の歴史あるメーカーです。「カンコー学生服」のブランドは、ご存知の方も多いと思います。現在、学生服からの脱皮を図るためさまざまな試行錯誤を繰り返しているようですが、やはり「カンコー学生服」の不動の地位は、今も変わりありません。ちなみに「カンコー」とは漢字で書くと「菅公」です。菅原道真公のことだったのですね。学生服を着る子供たちへの、思いやりがうかがえます。

 その他、明石被服興業の「富士ヨット」も児島のメーカーです。カンコーと並んで全国的に有名な制服ブランドです。この両ブランドはTVCMにもなり、桜田淳子や山口百恵なども出演しました。

 ※TVやラジオが普及する以前のCMといえば、新聞広告や看板くらいしかありませんでした。「衣料系れとろ看板」というページでは、当時の制服看板を収録しています。当時の制服広告を偲ばせる、大変貴重な資料です。

<TOP>

Shopping
購入にあたって

 

 学生でもないのにお店で買うのは、なかなか抵抗がありますが、決して不可能ではありません。でも普通は恥ずかしいですから、ネットで買いましょう。私もよく、ネットで購入しています。

 その前に、学生以外が購入できる学校制服には、いくつかの種類があり、大きく分けて2つあります。まず、新品の制服です。もう一つは、中古の制服です。このどちらを選ぶかは、まさに嗜好の問題ですからどちらがいいとは言えません。私の知っている人たちの傾向としては、女装が好きな人とか、純粋に女子高生に憧れている人、トランスセクシャルの傾向のある人などは、新品を選ぶ場合が多いです。逆に、性的対象として女子高生を見ている人や、制服自体よりも女子高生自身に興味のある人、制服を研究したり、またコレクションとしての興味を持っている人などは、中古でなければダメだそうです。どちらでもいいという人もいますが、少数派です。ほとんどどちらかの傾向になるかと思います。

 私は、といいますと、基本的には新品派です。中古の趣は必要ありませんし、仮に自分の制服でそうされていると想像すると、少し抵抗があったりするので、中古でも汚れがひどければ、クリーニングに出してしまうかもしれません。ただ、特定の学校の変わった制服を買う場合は、どうしても中古になってしまいますから、中古を絶対に利用しないというわけでもありませんね。

 この私の趣向から、中古の趣についてはあまり深い考えを持っていません。すみません。

  まあ中古と新品の長所・短所をしいてあげれば、こんな感じだと思います。

 


 中古


●絶対ホンモノで、究極のリアリティーを持っている。
●学校名が明らか。
●サイズが選べない。
●入手は入荷状況や在庫次第。
●プレミアがついていて、高い。

 

 


 新品


●誰が着たのかわからないという、不安がない。
●サイズが選べる。
●安くて清潔。
●常時入手しやすい。
●特定の学校のものを選ぶのが困難。
●リアリティーに欠けるものも、少なからずある。

 

 

 以下は、私の趣向を元にまとめてみました。ネットで通販をやっているサイトのリンクも織り交ぜています。ぜひ訪れてみてください。親切丁寧で、早く、安心して購入できるところだけを選んでいますので、きっとご満足いただけると思います。もしもメーカーや形状など特に詳しくないのでしたら、上のほうのリンクをオススメします。ある程度ご存知でしたら、メーカーや形状で選びましょう。ネットで購入できるものでも、いろんなタイプがあるんですよ!

<TOP>

●はじめて買います…

 

 ネットで購入するとなると、品物を手にとって見ることは出来ませんから、はじめて購入するのにはかなりの勇気が必要だと思います。私も実際、そうでした。というわけで、まず最もオススメできるサイトを、とにかく一つご紹介します。

女の子に、生まれたかった。
ショップリスト

 制服販売に関するリンクサイトですが、その情報と対応の早さには、長らく定評があります。こちらの情報を参考にショップを見定めると、安心できると思います。当サイトでもいくつかショップを紹介していますが、情報量としての不足と迅速な状況対応は、なかなか形にならないのが現実です。信頼できる情報というのも、ネットでは見えない部分も多いですから、はじめて購入される方向けとしては、こちらのサイトをご参考にされてみてはと思います。

 

<TOP>

●何度か買ったことあります。

 

 何度か購入されているなら、ある程度はブランドとか、わかると思います。関東系のスクールパールは、かなりのサイトで取り扱っています。逆に、自社で取り扱っている制服を直販している場合は、大抵ローカルな品物と考えてよいでしょう。中身はいろいろですが、むしろオーソドックスなものより、ちょっとした個性のある制服がほしいところですね。バリエーションの充実のためには、いろんな種類を取り扱っていたり、パーツを選択できるところが、楽しくていいですよ。となると、オススメはここですね。

ホンダ学生服 ねっとしょっぷ 評価★★★★

 一見してその豊富なバリエーションに圧倒されます。サイズだけでなく、セーラーの襟色とラインの組み合わせがこんなにたくさんあるのかと、私はちょっと驚きました。いえ、たくさんあるのはもちろん知ってます。それが、ネットの制服屋さんが一同にそろえて提供している、というが驚きだったんです。それもわかりやすく、簡単に選べますし、ページ自体もよく出来ています。さらに、価格の安さは多分、特筆という言葉ではちょっと物足りないですね。これほど安く提供しているところは、他にはないと思うのですが。

 特に夏セーラーの価格の安さは驚くほどです。その理由は、丸洗いできるような配慮も影響しています。この夏服のラインナップは主に中学生向けのもので、高校生向けのような凝った作りではありません。また細かい部分では、ポケットが外付けだったり、ネクタイ止めがなかったりという、コストを意識した作りになっているというのもあるでしょう。自社の生産ラインから販売ルートまで、徹底したコストダウンの賜物かもしれません。TVにも日本一安い学生服屋として紹介されたことがあるそうです。
 冬服も他では見られない価格の安さですが、品物は通常のものと変わりありません。

 ホンダ学生服で扱っている各学校の詳細は、以前エレナさんのページに取り扱い可能な学校の一覧があったのですが、諸般の事情から現在はないようです。

コスチュームシティーセーラー服コーナー 評価★★★★
(コスチュームシティーHOME)

 知る人ぞ知るコスパとも関わりがあるらしいところで、関東系のスクールパールのカタログと、同じく関東系のオリジナルのスクールガールというブランドが掲載されています。スクールパールは製造元の光和衣料の正規代理店なので、割引率が高く品揃えが豊富です。また、丈つめなども結構早くやってくれます。

 オリジナルの製品は、ネット通販では大変珍しいクリームとグレーの生地とが用意されています。オリジナルは一部受注生産となっているため、納期がかかる場合があるものの、簡単に入手できるという点ではやはり評価できます。極めつけはオリジナルのスカートで、こちらもグレーとクリーム(!)が選べます。

 発送やメール対応などもきちんとしていますので、初めて買う方にもオススメできます。

WONDER RABBIT - 商品紹介<学生服> 注文可
(WONDER RABBIT HOME)

 ここはスクールパールです。販売は基本的にはセットとなっています。夏服の襟と袖を外した写真などもあり、内容も詳しいです。注目すべき点は、上のコスチュームシティーと同様、グレー襟の夏セーラーがあることです。これはオリジナルの限定品のようで、在庫状況に懸念はありますが、毎年生産されているようなので、今後にも期待はできると思います。このグレー襟の何を一つだけ指摘するなら、サイズが限られるということでしょうか。裏技として、夏セーラーの別パーツとして購入する手段が書かれています。

<TOP>

●何度も買ってる!

 

 すばらしいですね。私が申し上げることはないでしょう。こういうレベルになると、知識だけではなく、絶対的な好みも高まっているはずですね。例えば「関西襟」とか、ネクタイのタイプとか、ネクタイ止めの有無とか、カブリと前開きとか。いろんなタイプを網羅して、どんどん経験を高めましょう。新しいサイトの情報や発見がありましたら、私にめーるくださいね(ぉぃぉぃ)。

 以下は、現在調査中のサイトです。


■新品制服販売店

 新品制服と一口に言っても、インターネットでは実に多様です。例えば、既存の学校制服販売店がサイトを開設することもありますし、オーダーメイド衣料関係店がインターネットで制服販売を始めたり、また制服趣味の個人が取引に乗じてサイトを開設してしまったり、単に新品といっても、本当にさまざまなサイトがあります。

 また、アダルト関係の業者の参入も、垣根のないインターネットならではの傾向です。異業種が軒をそろえて一堂に集うのが、まさにインターネットと言えます。それはまた既存の学校製品としての枠を越えた、膨大な製品バリエーションを生み出す可能性をも持っています。計り知れない需要を背景に、その市場も爆発的に膨らみ、競争も激化しつつあるように思います。

 最大シェアのカンコーはもちろん、それまで地元でしか販売されていなかったマニアックなセーラーが、堂々と販売されています。さらに、コスプレブームも手伝って、オリジナルセーラーも登場してきました。そして、各学校のデータベースも制服ファンの手によって着実に整備され、日本中の制服が希望通りに、手軽にかつ迅速に的確に、入手できるようになってきました。

制服ねっと 注文不可

 カンコーのセーラーを扱っていたのですが、現在は販売を行っていないようです。ご担当の方はなかなか親切でしたので、少々残念でもあります。

学生服のヤスダ 未確認

 名古屋の制服屋さんです。川名・城山の各中学校と中京女子大付属高校の制服を販売しています。写真も添えてあり、ページも見やすいです。通販に関しては未確認ですが、メールで問い合わせてみてはいかがでしょうか。

おしゃれステーション よしざき 未確認

 新潟県新井市の制服屋さんです。販売しているのは新井の中学校向け、トンボの汎用品がメインで、カンコーも取り扱っているようです。基本的には生徒さん向けですが、全国販売も意識しているようです。メールで対応するのがよろしいかと思います。

キューエスエル企画 注文可

コラム1
 制服屋さんのネット開業

 制服屋さんが業務拡張のために、どんどんネットに参入しています。当然、普通は学校相手じゃなければ全然売れません。しかしネットには、制服を愛するたくさんの人たちがいます。そうした人たちを相手に商売すれば、新しいお客さんを招けます。今までほとんどの人が知ることのなかった制服屋さんが、ホームページを持つことで、どんどん売上を伸ばしているようですね。そんな傾向は、私としてもうれしいです。ネットでの制服販売が、これからもどんどん盛んになってくれるといいな、と思っています。

 こちらは摂津市の制服屋さんのようです。販売しているセーラーのバリエーションから判断して、恐らくこちらで製造されているか、もしくは独自のルートを持った販売店かのどちらかでしょう。バリエーションでいえば、ホンダ学生服をも凌ぐ内容です。
 オーダーフォームが用意されていて、自分の希望のタイプを順に選ぶようになっています。最初の選択肢「フロントあり/なし」は、襟の形状の選択で、フロントありは「名古屋襟」の形状です。フロントなしは「関西襟」を思わせます。このフロントとは要するに、胸当てのことを言っているようです。続いての選択肢は「ライン」の色と本数になります。このバリエーションはかなりの数に上るでしょう。最後に、ファスナー位置の選択で、型番号が表示されます。
 とにかくその種類の豊富さでは現在最も注目しており、サイト自体も見やすく、なかなかよく出来ているのですが、実物の写真がないのは非常に残念です。

リーブル・タカラヤ 注文可

 茨城県鹿嶋市の制服屋さんです。鹿島市の鹿島/麻生/鉾田二高と、鹿島中/鹿野中/平井中/高松中/大野中のセーラー服を扱っています。高校の制服は写真がありませんが、中学校の制服は写真があります。一見普通の制服屋さんのサイトで、全国通販は扱っていないように見受けられますが、ご意見箱のページから注文ができます。実際に購入した方の情報も頂いてます。

株式会社オートモ 未確認

 石川県金沢市の制服屋さんです。金沢市周辺の制服を用意していて、30校ほどの中学制服の写真が掲載されています。一見して、セーラーが圧倒的に多く、バリエーションも大変豊かです。予約フォームが用意されているものの、他府県からの全国通販を受け付けているかどうかは不明です。WEBサイトを用意するくらいですから、対応はしてくれるのではと思います。

コセキオンラインショップ 注文可
(古関株式会社)

 こちらは福島県だそうです。掲載されている写真はスクールパールですが、自社工場または協力工場生産の製品を販売しているとの情報を得ています。値段は標準で、品揃えも一通りといった感じです。ページの作りは比較的良く出来ていて、好感が持てます。今後に期待しましょう。

オハヨーエイト制服コーナー 注文可
(オハヨーエイトHOME)

 山梨県甲府市の制服屋さんです。こちらも王道、光和衣料のスクールパールです。少し前まで、赤ラインの注文が出来ましたが、今は別注扱いになっています。値段も標準的で、特別目新しいところはなくなってしまいました。実際に購入した方の情報ですと、スクールパールの既製品とは、若干仕様が異なるかもしれません。
  ここと関連があると思われる甲府小泉というカバン屋さんは、実は意外な穴場で、学生カバンのバリエーションが豊富です。制服とは関係ないですが。

山武洋装 ネット販売 注文可

 千葉の制服屋さんですが、セーラーは名古屋襟かと思われます。メーカーは不明です。オリジナルには「着心地を重視した男の子用女子型制服」の用意があります。しかも襟色がブルーでスカートもブルーになっています。常備在庫品にもブルーがあり、バリエーションとしても充分といえるでしょう。

埼玉カルチャー 制服通販 注文可

 埼玉の制服屋さんです。メーカー名は不明ですが前開きのセーラーがあります。注文フォームなどもきちんとしていて、雰囲気は良い感じです。

モリ商会・取扱品・通学服 注文可
(モリ商会HOME)

コラム2
 風俗屋さんの制服屋開業

 制服屋さんだけでなく、風俗関係のお店も業務拡張のために、制服産業に参入してきました。制服屋さんではないので、あまりいい出来は期待できませんし、オーダーメイドに近い場合もあり、普通の値段より高かったりしますので、ちょっと注意が必要です。しかし、例えばシースルーのセーラーや、ピンクといった通常では考えられないものもあります。そうした特殊な物がほしいなら、利用する価値がありますね。

 埼玉県浦和市の制服・スポーツ用品店です。浦和市立の中学校をほぼ網羅しています。注文方法は、通信販売のページにあります。制服のデータは冬服のみですが、珍しいところで給食着があります。

 

松亀屋ドットコム 注文可

 私はよく知りませんが、セーラー服通販のパイオニアとあります。夏冬ともかなりのバリエーションがあり、水色スカートもあります。調査準備中。

青春紀行 注文可

 名古屋周辺を中心とした中古屋さんですが、愛知県・岐阜県の新品制服の代理購入というシステムを導入しています。当然学校が限られ、サイズの制限があります。

制服屋セーラー服 注文可
(制服屋HOME)

 実際に購入された方の情報ですと、カンコーだそうです。珍しいところでは、黒生地の冬セーラーがあります。

洋品洋服 ヒラマのページ 注文不可?
(ダンスファッション ヒラマHOME)

 東京亀井戸のお店で、学生服コーナーに第二亀戸中学校/深川第七中学校/第三亀戸中学校/第三大島中学校の制服があります。発送可能の記述がありますが、第二亀戸の項に(通販は男子詰め襟のみです)という、悲しい記述があります。その他の学校については記述がないものの、詳細は未確認です。

Voltage 注文可

 こちらはFUJI YACHT(富士ヨット)を扱っています。セーラーはリーズナブルですが夏服のみで、決してメインではないようですね。むしろブルマーや他の製品が充実しています。

Silky International 注文可

 カンコー、森徳、Kodakaの3メーカーを扱っています。その点では他の追従を許さない、すばらしい品揃えなのですが、写真がないので客観的に判断できません。購入するしかなさそうです。

セーラー服専科 Sailor's 注文可

 セーラーの種類が比較的あります。メーカーは不明ですが、そのバリエーションからして関西系のように思います。

SEIFUKU WORLD ONLINE 注文可

 スクールパールを取り扱っているようです。

<TOP>

 


■中古制服販売店

 中古業界は、これまで語ってきた新品市場とは、全く別の世界といってもいいかもしれません。まず中古衣料の販売には「古物取扱免許」が必要で、各都道府県の公安委員会に古物商として許可を受けなければいけません。中古制服のお店と一口に言っても、その取引は新品以上に厳しい条件があります。新品は、異業種の参入こそあれ、価格も供給体制も、それほど変化するものではありませんが、中古の場合は、圧倒的に供給不足であり、特に人気の集中する有名校の制服の価格は、まさに天井知らずです。

 その結果として、人気校の生徒は安易に大金を手にできるようになり、学校側の対応も厳しくせざるを得なくなります。そして供給不足に拍車がかかりました。価格も高騰し、ますます入手が困難になります。またこれは、数々の問題を発生させています。正直申し上げて、初めて制服を購入される方には、中古はお奨めしません

 特に意匠に関わる有名私立の制服は通常、極めて入手困難です。だからこそ、取引の適正化と学校側への配慮も含めて、毅然とした態度と考えで、望んでいただければと思います。

ラブ&レディー

 いろいろな中古衣類を販売しているお店です。「ブルセラ創世記から全国のマニアを一手に引き受けて14年」とあります。WEBの開設は新しいようですが、歴史のあるお店のようです。学校数も豊富で、制服以外の品揃えも豊富です。カテゴリーも見やすく、ページ構成もよく出来ています。セーラー服は別カテゴリーを設けてあり、学校名の記述はありませんが、品揃えもバリエーションもかなりの数になります。何より、価格がリーズナブルなのが魅力ですね。

ホワイト洋品店

コラム3
 中古売買の是非

 絶対的な需要があるからこそ、それを供給する人がいます。分別のない未青年に、私が言うべきこともなく、また、そうした商売を否定したり、肯定したりもしません。例えば「ブルセラ」という言葉が与えた影響は、ここで述べるまでもなく、絶大な威力がありました。その影響により、ブルマーは確実に滅びようとしています。そうした現実を考えたとき、私たちが愛してやまない「制服」というものの存在の弱さを、感じずにはいられません。未成年が法律によって守られる存在であるのと同様に、制服も守っていかなければ、簡単に滅びてしまう文化なのです。
 是か非かを問うことも重要ですが、それ以前に、こうした文化を認識して、大切にしていこうという意識こそ、何より重要ではないかと私は考えます。

 ネットの中古制服でも最も充実している有名サイトです。当然中古ですから、在庫は基本的に1商品1つずつです。そのため、希望の商品が見つかってもほとんど販売済み。もしまだ残っていたなら、すぐ購入したほうがよさそうです。また、プレミアがついており極めて高価です。反面、レアな商品が多いので、まさにマニア向けと言えますね。

能登屋

 石川県のちょっとローカルな中古屋さんです。北陸地方を中心とした、中古制服が充実しています。当然1商品1つずつですので、売り切れが目立ちます。ちょっと高価なのが気になりますが、品揃えは全国を網羅していて、まさに圧巻です。

YellowMall

 千葉の中古屋さんです。関東の中古が充実しています。買取も力を入れているようで、平均相場や丁寧な説明も好感を持てます。

青春紀行

 名古屋周辺を中心とした中古屋さんです。一部に新品もありますが、やはり単品在庫のようです。直接買取や委託販売も行っているようです。掲載学校数は100近くに上ります。また、東海地区の制服図鑑もあります。

<TOP>


DataBase
■制服データベース

 以下は、各校の制服を取り上げたサイトです。制服販売とは直接関係ありませんのでご注意ください。中古制服を購入する際の参考、もしくは購入した制服の学校が不明の場合の調査などにお役立て下さい。
  なお当ページでは、各校のデータベースを作成するつもりはなく、データベース系のサイトとのリンクで、内容を補完していきたいと考えています。もしデータベース系のページをお持ちの方がいらっしゃいましたら、ぜひリンクさせてください。ご連絡をお待ちしております。

※掲載順序は全国区~北から南~その他となっております。

※個人サイトのリンクに関しては、お互いの主義や主張には、基本的に感知しておりません。同列に配置されることを好まない向きもあるかと思われます。当方は、あくまで資料性に着目しています。また、主義や主張をサイトの価値基準に、反映させたくないと考えています。ご理解のほど、お願い申し上げます。また、特に断りのない限り、サイト閉鎖後もリンクをそのまま残している場合があります。

20世紀制服保護協議会

 BEEさんのサイトで、その名のとおり20世紀の制服の保存を目的としたサイトです。保護指定制服資料室(制服図鑑)には全国的なセーラーを各校イラストつきで紹介しています。

レトロ女性写真館

 制服のサイトではありませんが、その資料性が大変優れているので取り上げました。このサイトの制服女性の部屋というページ、に貴重な写真があります。またリンク集の女学校関連も充実しています。

しらぎくさいと日本語版
(HOME/The Marguerite Site.)

 みのべ博行さんのサイトで、全国制服図鑑に各種制服に関する解説と、全国マップ連動の各地の制服のイラストデータベースがあります。特筆は、英語版が用意されていることです。English Edition of The Marguerite Site.

華子の女子通学服研究室

 女子通学服を独自の視点から研究されている櫻華子さんのサイトで、画像とあわせて詳細に渡り解説されています。特別分室もあります。

北海道制服でーた
(HOME/Ami's Schooluniform Room)

 鈴木亜美さんのサイトで、札幌周辺の制服のデータと写真があります。

制服メインストリート
(HOME/新潟県制服目録)

 日向梓さんのサイトで、新潟県の中学・高校の制服のイラストがあります。出張制服調査編には長野周辺の制服のイラストがあります。現在移転作業中らしく、デッドリンクや画像の欠落があります。今後に期待しましょう。 

新潟県高校一覧
(HOME/Yoshirin's Home Page)

 Yoshirinさんのサイトで、新潟県の高校一覧があります。各校の制服の詳細を記載してあります。

群馬女子高生制服図鑑

 ちゃぶさんのサイトで、群馬県の制服データベースがあります。地図を利用したサイトマップとイラストで、とても見やすいサイトです。

Gunma School Uniform Club

 ポン吉さんのサイトで、群馬県私立高校制服写真図鑑があります。各学校のデータも詳しく、写真も充実しています。

ごじゃっぺROOM

 ごじゃっぺさんのサイトで、茨城・千葉・埼玉の公立小中学校の制服が写真で紹介されています。購入に関する情報、制服系にしては極めて珍しいチャットルームもあります。

誘惑天里宮殿

 天里架りんさんのサイトで、「ゆうわくあまざときゅうでん」と読みます。こちらのおえかきの間の制服イラストに、東京都内私立高校制服イラストのページがあります。データベースとは体裁が異なるかもしれませんが、かわいらしく描かれたイラストは細部も詳しく、資料性・情報量ともデータベースとして充分見ごたえがあります。

国公立高校制服図鑑
(HOME/ましゅ★まぁ~ろん)

 ましゅさんのサイトで、東京都内の国公立に特化した制服図鑑があります。丁寧なイラストで描かれていて、今後に期待大です。

コ★ジコのお部屋

 コ★ジコさんのサイトで、静岡県中部を中心とした制服データベースがあります。各校の制服イラストも、大変参考になります。

エレナの部屋

 エレナさんのサイトで、以前はホンダ学生服で購入できる東海地方(岐阜・愛知・三重)の中学高校のデータベースがありましたが、今はなくなっています。

好きです☆制服

 giuliaさんのサイトで、名古屋の制服紹介があります。イラスト付きで細かい部分までとても詳しいです。

青春紀行

 中古制服店のサイトですが、東海地区の制服図鑑があり、200校近くが写真で紹介されています。

志摩制服研究会

 志織さんのサイトで、その名のとおり志摩周辺の制服を中心に紹介しています。

制服図鑑 福井

 T.Akimotoさんのサイトで福井県嶺北地区の高校の制服を写真で紹介しています。

制服社会学
(HOME/Pencil's Hobby Page)

 帝制会主催のページ(作者:岡本御影さん)で、独創的な視点で書かれた論文と関西方面の各校のデータベースがあります。イラストも資料性が高く、細部までよく描かれています。

制服図鑑(関西版)

 ENAさんのサイトで、その名のとおり、関西方面の制服を扱ったサイトです。

大阪新聞社 オープンキャンパス

 なぜか大阪の女子高生制服コレクションがあります。

福岡制服探偵団

 その名のとおり(管理人:カズ団長さん)で、福岡県の高校に関するデータベースがあります。一見して制服データに固執しておらず、学校自体のデータベースとしても大変充実しています。

鹿児島 女子学生制服図鑑

 fanctionさんのサイトで、その名のとおり鹿児島県の学校の制服の写真があります。鹿児島県の各校の解説なども詳しく、資料性も見所です。

制服図鑑通信局

 データベースとしては微妙な位置付けですが、イラストレーター森伸之さんのサイトで、制服に関するイラストがあります。

制服情報交差点

 制服EXPLORERこと加藤公明さんのサイトです。制服情報系としては極めて異色のサイトです。制服を正規販売店で購入するHOWTOを考えるウェブサイトです。実践的なスタンスとその存在意義については、私も一目置いています。眉唾なく本音で語るという点では、大いに評価するべきかと思います。

<TOP>

ここをクリックしてください。

Variation
バリエーションにこだわる!

 

 はじめて着るにしても、毎日着ていたにしても、セーラー服のバリエーションはとても気になるところです。

■襟

 まずは何と言っても襟ですね。
  襟のタイプにはいわゆる「関東襟」「関西襟」があります。
 特徴的なのは「襟の縁が直線的」(関西襟に多い)か「緩やかな曲線」(関東襟に多い)か、ということです。 その結果として、襟の大きさが違ってきます。関東襟は伝統的に小さく、バストラインより上で襟がつながります。逆に関西襟はバストライン上か少し下のあたりで襟がつながり、関東襟に比べて面積が少し大きいです。そして難しいのは、この例に含まれない「例外」が、かなりの数存在し、カーブラインが極めて微妙で分類の難しいものもあります。これについての意見はかなり多様で、ことメーカーに問い合わせても自社製品を伝統的に作っているため、他地域のセーラーに関してはほとんど意識していないのが現実です。
 全国的な大きなメーカーでは、両襟を用意していることがありますが、この名称は「関西襟」「関東襟」とはなっていません。「カーブ襟」「直線襟」と書かれていました。

 地元の人にとっては特に意識することなく、その襟が標準/普通と思われている場合が多いようです。関西襟は大阪と名古屋を中心に、西に広い分布を成していますが、中部より東ではほとんどありません。これが「関西襟」と呼ばれる所以です。
 その他、「名古屋襟」という愛知県を中心とした特殊な襟も知られています。明確な基準があるわけではなく、その意見も多種多様なので、その判断には個人的な部分もあるかと思いますが。
 簡単に説明すると、形状としては「関西襟」のような大型の襟ですが、バストライン付近ではなく、アンバーバストのラインもしくはそれ以下で襟がつながります。全国的に見ても極めて大きい襟です。目立つのは比例して大きい胸当てで、ここに校章やマークのある例が多いです。逆にネクタイ止めは、まずついていません。そして、NHKの中学生日記でおなじみの大きな白襟は、まさに「名古屋襟」の代表といってもいいでしょう。襟カバーの採用例がかなり多いのも、名古屋襟の特徴です。カバーは白が圧倒的に多く、ラインが入っている場合と、ない場合があります。ライン入りの場合は、本来の襟と同一のラインというのが基本です。ただし、本来の襟が白でない例が稀にあります。この場合同じ学校で、襟のバリエーションが2種類見られます。

 これまでの名古屋襟の大方の解釈では、襟カバーの存在を掲げた例が多かったように思いますが、襟カバー自体は他地方でもまれに見られます。新潟の日向梓さんのサイト制服メインストリートでも確認できます。

■開き

 それから「カブリ」「前開き」
 これも完璧に、好みの分かれるところでしょうね。私はカブリ派です。

 昔のセーラーは、ファスナーではなくてスナップボタン、原型は前開きでした。スナップ自体歴史は古く、実際、ファスナーが一般的に採用される前までは、このスナップボタンが一般的でした。その理由としては、「すぐ脱げること」と私は考えました(もちろん水兵の話です)。いざという時のために、すぐ脱げる構造というのは色々な場面を想像すると、水兵服としてはありがちだと思います。この点、陸軍のボタンとは対照的かと思います(簡単に脱げたらよくない)。
 そういう言い方をすると、水兵服は今でもスナップが多いかもしれません(未確認)。

 カブリのファスナータイプが誕生した理由は、前開きのスナップタイプを着たことのある人なら、想像がつくでしょう。まず、裾を後ろから気づかれないように両手でつかみます。しっかりつかんだら、勢いよく引っ張ります。…簡単ですね。襟の合わせ部分は通常フックになっていますが、勢いよく引っ張られては、簡単に外れてしまいます。街中でいきなりやられたら、…恥ずかしいですね。少なくとも、この構造が女子学生に適当かどうか。カブリのファスナーの学校では想像もつかないでしょうが、伝統あるスナップの女子高などでは、風習として語り草になっていることも多いです(実際にすることはまずないでしょうけど=イジメともいう)。

 そして、スナップはやはりすぐ外れてしまうという理由で、伝統ある制服を頑なに守る私立高校以外は、ほぼ全国的にファスナー化しました。特にカンコーなどの大量生産品を採用する、公立の中学校に共通する傾向です。

 つい最近まで「浜松誠心高等学校」がこのスナップタイプを採用していましたが、1997年の共学化に伴い、制服をリニューアルしたため、2000年を持って絶滅しました。浜松誠心高校の貴重な資料が、コ★ジコのお部屋にあります。コメントも含めて、ご一読をお勧めします。

 とはいえ、スナップは古くからセーラーを採用する学校では、現在もそれなりに残っています。神奈川県の森村学園、青森県八戸市周辺でも、根強く生き残っているそうです。

■生地

 生地の色は、冬服が濃紺一色夏服は白に襟が濃紺、というのが標準です。もちろん、多数のバリエーションが存在します。東京の有名私立ですと、冬服の本体がクリーム色というものが有名で人気が高いです。濃紺ではなくてや、青に近い紺などもあります。これは使用する布生地によっても差が出てきます。しかしながら、夏服の生地の白は、ほぼ全国的に普遍といっても良いでしょう。

 布生地は、一般的にサージと呼ばれる混紡が用いられます。サージは生地に斜めの綾組織がついています。語源はラテン語の蚕(Serica)から来ていて、元は絹糸使いの綾織物を指しました。現在は最も実用的な無地の織物として、セーラー服以外にも男子の学生服、ユニフォーム、スーツ、スカートなど広範囲に使われています。

 冬服の表地は、毛と化繊の割合が70対30~50対50というのが最も一般的で、50対50ですと自宅で丸洗いできます。裏地は大抵ポリエステル100%です。夏服は裏地がなく、ポリエステル65対綿35が最も一般的です。夏服は襟の生地が異なる場合も多く、取り外せるものなどはポリエステル55対レーヨン45の化繊100%などがあります。

 生地を写真で紹介しているページにJavelin素材集というページがあります。

 セーラー服は肌に直に着ますので、洗濯できるようにという配慮が為されているものが最近多いです。毛100%の高級志向の冬セーラーもあります。70対30ならまだいいですが、毛100の場合毛玉になりやすく値段も多少高い上に、洗濯も手間取るため、日常的に着る制服としてはあまり適していません。それでも、一種の高級志向から毛100を望む声はやはり根強いです。その傾向は、高級志向になりがちなハイレベルの有名私立高校、少しでもハイソなイメージを打ち出したい地方の私立に多く見られます。当然毛100を選ぶとなると、クリーニング中の着回しのため、何着か買う必要性も出てきます。制服屋さんにとっても、うれしい志向です。でも、やはり現代的な傾向ではないでしょう。毎週のようにドライクリーニングでは、手間も経済面でも大変です。

 生地のメーカーは、サージといえばニッケ(日本毛織株式会社)が非常に有名で、セーラーの代名詞にもなっています。その他ユニチカなども知られています。ニッケのサージでも一番多く使われているのが、#4000の紺です。冬服でニッケの紺といえば、これの可能性が高いです。夏服の紺は薄手の#250が多いです。夏服の白生地(ポリ65対綿35)ですと#7550でしょうか。
 全国的なメーカーほどこの例に近いでしょうが、現地生産品などは必ずしもこれを用いているとは限りません。

■襟色

 そして襟の色。
 冬服は濃紺が標準ですが、夏服では白い襟も各地で見られます。
 傾向としては、冬服の襟を取り外して洗えるようにした場合、夏服の本体の生地と同じにして丸洗いできるようにした場合、取り外しのできる白いカバーをつけた場合など、白い襟には見た目の清潔感だけでなく、実用性を考慮した部分が見られます。つまりこのタイプは、高級志向の高校制服よりは合理主義の中学制服に多く見られる傾向です。
 また、紺色の襟と差別化する意味もあるようで、水色のものなどもあったりします。中京女子付属高校の夏服が有名でしたが、リニューアルされてしまいました。

■ライン

 セーラー服でも極めて特徴的な部分が、ラインでしょう。
  基本形としては、襟の縁と袖口に同じパターンのラインが施されています。名古屋襟から関西方面では、袖口にラインがないこともあり、特に名古屋ではないほうが優勢です。これも、名古屋襟の特徴的な部分です。その他の部分としては、胸当て、胸ポケットに入っていることがあります。珍しい例としては、スカートラインでしょう(スカートの項参照)。

 本数は基本的には3本線で、それ以下の本数はあっても、4本以上というものは極めて少ないです。4本ラインの珍しい例外は、宮城県と福岡県にあります。宮城は常盤木高校、福岡は筑後地方の県立朝倉高校です。さらに、5本ラインという究極の例外。都立第五商業高校です。第五にちなんで5本ラインだったようですが、現在はリニューアルされなくなったようです。

 セーラーのラインは、ネクタイに次いで差別化を図りやすい部分です。ネクタイのバリエーションと共に、全国各地でいろいろなパターンが見られます。変わった例としては、後ろ襟の交差部分が井桁のものや、円を巻いているもの、後ろ襟の水平部分のラインだけないもの、刺繍等特殊なステッチで出来ているもの、ライン自体ないいわゆる名古屋襟も含めて、本当にさまざまです。

 色に関しては一般的に白が多く、臙脂や赤、青や緑に水色等、実にさまざまです。白襟の場合は、紺を筆頭に、黒や茶色もあります。色のバリエーションは大変豊富です。原則としてネクタイとコーディネートするのがお約束です。しかし、極めて特殊な色や形となると、この関係が微妙に崩れてきます。どちらかがあまりにも極端だと、片方を妥協することもあります。

 ラインの色や本数は本当に各校さまざまで、胸当ての有無も含めたら、大変な数のバリエーションになります。さらにラインの太さはミリ単位の細かさです。このラインこそ、セーラー服をコレクションする最大の楽しみと言っても、過言ではありません。

■袖

 ラインの項と重複しますが、長袖の場合の袖口(カフス)は、基本的には襟と同じデザインで、有名な例外としては名古屋襟は概してラインなしです。

 この袖口の特徴としては、長袖は夏冬ともギャザーやタックで袖口を絞ってあり、かわいらしくふくらむような形状となりますが、半袖は風通しが良いようギャザー等を入れずに、ストレートの筒状の袖口としていることが多いです。この袖の形状は、原型の水兵服に準じたものです。

 某格闘ゲームキャラの半袖は絞られています(パフスリーブ/肩の部分を膨らませてある)が、普通の学校制服では、茨城県立鉾田第二高校、岩手県立盛岡第四高校、花巻北高校の例は、それに近い珍しい例でしょう。20世紀制服保護協議会保護指定制服資料室(制服図鑑)にイラストがあります。逆に、簡素な半袖制服の、生地のままの半袖(ターンバックカフス/ただの折り返し)は、各地でまれに見られます。パフ傾向は例に挙げたとおり、北日本でまれに見られる傾向ですが、西日本ではやはり極めて少ないように思われます。特に名古屋襟などは、ターンバックカフスへの傾向が顕著になるため、当該地区では恐らく存在しないと思います。
 ターンバックに関しては、名古屋襟の圧倒的な傾向を除き、都市部より地方ほど多く見られます。

■ネクタイ

 基本形は三角ネクタイですが、昔の水兵服では四角い布を三角に折って用いていたようで、水兵服として定着する過程で三角になったと思われます。ライン同様バリエーションが大変豊富で、形に関しては三角ネクタイではなく、細長いリボンタイプ、いわゆる本当のネクタイ、ブラウスにつけるような出来上がったリボンタイや紐タイ、さらにネクタイがない場合も含めると、本当にさまざまです。さらに色や素材のバリエーションも大変な種類があります。

  例えば、同じ市町村の学校で同じ制服屋さんを利用している場合などは、ネクタイの色を変えるだけで、違う学校の制服になったりします。つまり、手軽に変えられることから、比較的近い学校同士で同じ色にならないように配慮されているのが通例です。一見してどこの学校の生徒かすぐわかることから、もっとも管理されたパーツとも言えるでしょう。

 そうした理由から伝統的に、校則などで極めて厳しく定められていることが多いです。中学校ですと、生徒自身が自由に選べるということはまずありません。高校の場合は、公立など比較的自由な学校では、生徒が自由に選んでつけている例もありますが、逆に私立では中学校以上に厳しく管理されていることが多いです。

■ネクタイ止めと結び方

コラム4
 セーラー服のネクタイ?

 セーラー服の必需品。でも、正しくは何と呼ぶのでしょう。実は、ネクタイが正解なのです。スカーフという呼び方は間違いです。スカーフとは、エルメスに代表されるような鮮やかな柄のあるもので、ヨーロッパの女性が頭にかぶったりするものです。セーラー服の原点、水兵さんたちは、これをいざというときに縛ったりするために、身に付けていました。彼らは女性ではないので、やはりネクタイなのです。
 でも今では、リボンとかいろいろなネクタイがありますね。

 ネクタイ止め(ネクタイ通しとも言う)ですが、これは水兵服のころからありなし両方あったようです。やっぱり基本は「縛る」でしょうから、多分セーラー服の聡明期に、徐々に浸透したのではないかと、私は思います。日本海軍でも第二次大戦直前のセーラーにはあったようで、関東襟の歴史あるセーラー服はこれに習って、採用されたように思います。

 関西襟ではネクタイ止めがないことがそこそこあり、名古屋襟ではほぼ絶対的にありません。ここから思い当たる事は、古い歴史のある(と思われる)制服では、ない場合が多いという事です。つまり、学校制服としてのセーラー服誕生の頃は、原型の水兵服にもネクタイ止めがなかったように、想像できます。言い換えれば、関東のセーラー服と関西のセーラー服は、その成り立ちも歴史も、実際は全く異なるとも考えられます(歴史の項参照)。

 中学校のネクタイ止めには、花文字が入っていることが多いです。これに関する説明が、しらぎくさいと日本語版夏用セーラー服/冬用セーラー服にそれぞれ書かれています。ぜひご一読ください。

 ネクタイ止めがない場合は自分で結びますが、その結び方もいろいろです。結び方は基本的に学校で定められていますが、基準はゆるいものから厳しいものまで、実にさまざまです。場合によっては、生徒の数がバリエーションになりますから、その結び方は無限の種類があるといってもいいでしょう。結び方が自由な学校ではもはや、標準とか良し悪しといった概念さえありません。反面厳しい学校では、垂らす長さや結び目の位置、大きさなど、事細かに管理されています。まさに各学校によってまちまちで、言うなれば、ラインの種類以上にバリエーションが豊富です。また、生徒が一番最初に校則からはみ出す部分でもあります(笑)。

 上記の理由から、結び方の基本とか標準とかいうものは断定しづらいのですが、しいて基本を挙げるなら、いわゆる結束法の「本結び」 をゆるめに結んだものです。

 ※特殊な結び方としては、東京都立竹早高等学校の「セーラー服の歴史」で竹の子結びが紹介されています。セーラーの歴史も含めて貴重な資料です。

 個人的には三角ネクタイを普通のネクタイのように結ぶのとか、好きですね。個人的に着る人でしたら、セーラー服のネクタイは使いまわしがきくので便利ですよ。

■胸当て

 ルーツは恐らく、欧州で子供服にされた際につけられたものと思われます(歴史の項参照)。確かに男性には不要のものですが、襟の開きが広い場合など、女性には絶対必需品です。関東襟の多くは、襟の開きが小さいため、胸当ての大きさも比較的小さめですが、関西襟ですと、開きが広いのでだいぶ大きくなります。関東襟では、取り外しできるようになっている場合が多く、逆に関西襟、名古屋襟では片開きの縫い付けになっている例が多いです。素材は夏冬とも基本的に、表生地の素材を用います。そのため襟の一部のようにはならず、襟が浮いたように見える雰囲気となります。

 胸当てにデザインが施されている場合も多いです。関東以北では、大きさが小さいため無地が比較的多いですが、襟と同一のラインを水平に入れてある例も、結構みられます。関西襟では面積が広いので、、ここに碇のマークが入っていたり、校章が入っていることが多いです。

 関東襟の高校では、胸当てがない例があります。その数は、関西を含め全国的にちらほら存在します。また、取り外しできるものを、外して着ている生徒も結構多いです。

■スカート

 スカートについては、これもまた各地各校で多数のバリエーションがあります。基本形は24本と28本の車ヒダプリーツ(別名送りヒダ)で、奇数のプリーツは服の構造上まず存在しません。また理由はわかりませんが、4の倍数であることが通例です。24本は東日本28本は西日本に広く分布しているようです。この傾向は、襟の分布と非常に近いものです。恐らく原型となった学校によるものだと思われます。
 その他の本数ですと、32本、36本という例が関西にあるようです。かなり細かいプリーツですね。16本や20本という大きめのプリーツも関東にあり、これも極めて珍しいです。

 スカートのプリーツ数などを特に詳しく研究されているサイトとして、華子の女子通学服研究室があります。当サイトを作成する際にも、いろいろと参考にさせていただきました。写真も豊富ですので、ぜひご覧ください。

 その他のプリーツ形状として、箱ヒダボックスプリーツのものも存在します。箱ヒダでも24本前後のプリーツならば比較的多く見られますが、それ以上、以下のプリーツになればなるほど、希少になってきます。ボックスプリーツともなると、極めて珍しいと言ってもよいでしょう。ただ、こうした特殊なプリーツの採用例はセーラー服自体も変形であることが多く、セーラー服か否かの判断が微妙なものもあります。そして、これもまた珍しいジャンパースカートの場合は構造上の都合でしょうか、車ヒダではなく箱ヒダやボックスプリーツを採用しています。

 さらに珍しい例としては、スカートラインの採用でしょう。これは極めつけの珍しさで、しかも変形セーラーではなく普通のセーラー服に採用されています。その珍しい例は、エレナさんのページのデータベースに、giuliaさんの好きです☆制服にイラストがあります。ネットでも購入可能なはずですから、ぜひ探してみてください。その他、未確認ですが佐賀市の佐賀大学付属中学校・小学校のスカートにも裾にラインが入っているそうです。

 スカートラインよりもさらに珍しい、水色スカートについても触れておきましょう。松亀屋ドットコムの目玉商品ですので興味のある方は多いかと思いますが、実はこの水色スカートは実在します。その際だって珍しい例は、中京女子大学付属高校です。学校サイトでも写真が確認できますが、残念ながらリニューアルしてしまいました。

 さて、流行という観点から丈について検証してみましょう。
 短めの丈が流行し始めたのは、「セーラームーン」がテレビ放送を始めた時期と近いです。その数年前、特に長短のはっきりしない時期が約3年ほどありました。 水面下の影響として「エスパー魔美」などもあるかもしれません。さらにさかのぼると、「スケバン刑事」「セーラー服と機関銃」ですね。この頃はとにかく長くの時代で、世俗に逆らうことが流行でした。

 高校生がセーラームーンを見て、丈を短くしようと考えるというのは、少し的外れでしょう。ところが、エスパー魔美となると、その頃小学生だった女の子が、ちょうど中高生となると、時期が符合します。エスパー魔美世代が、セーラームーン文化を後押しし、デザイナーズブランドなどが手伝って、爆発的に短くなったのでは、と私は考えています。「制服向上委員会」の存在はむしろ、それらの後押しを受けたもので、ファッションリーダーではなかったと思います。

 その後については、もう皆さんもご存知でしょう。コギャル、ガングロと、ますますエスカレートします。一説によると、「スカートの丈は景気が良いと長くなり、悪くなると短くなる」そうです。思えば、長かった頃は、随分と好景気でした。景気が良くなると、短いスカートは短期間で絶滅するのかもしれませんね。

■靴下

 靴下については、正直言って制服のバリエーションとしてここで考察するべきか、ちょっと悩みましたが、やはり言及しましょう。
 基本形というか、旧来は二つ折り、もしくは三つ折りの白ソックスがオーソドックスだったと思います。

 黒ストッキングに関しては、防寒の意味で考えれば北国に多いように思われますが、実際は都市部から人口の多い地域に見られ、逆に過疎では少なめです。
 これに関しては歴史の項でも述べましたが、古くは戦前の絹ストッキングまでさかのぼります。当時は恐らく、今よりも採用例が多かったことと思われます。そういう意味では、歴史のあるお嬢様系の学校に採用されている例が多いです。その後、絹が化繊に変わり、その過程で一般の学校は綿の靴下に変わっていったようです。

 その他では、例えば黒や紺、白の綿ハイソックスとか、ワンポイントの刺繍入りなども、私立の学校でちらほら見られます。

 そして現在では、ルーズソックスの一般化に伴い、都市部の中学生が短いソックスを履く姿は、ほとんど見られなくなりました。もはやこうした短めのソックスは、絶滅寸前の状態ですが、伝統的に校則で定められている場合も根強く、長めの流行もいずれは落ち着いてくるかと思います。消えてしまうことはないでしょう。

 現在高校生でブームとなっている紺のハイソックスは、だんだんと全国的に普及してきたようです。それでも、校則の厳しい学校では一貫して、旧来からのソックスを皆履いています。そういう意味で、実は靴下は、最も時代の変化が激しい部分であり、また規則に最も束縛されない制服・衣類だと言えます。言い換えれば、女子生徒が一番「個性」を主張できる衣服なのかもしれません。そして、それは思春期にスタイルを意識した結果でもあります。結果的に、それを否定する教師やPTAが比較的少なかったことが、現在の多様性を生んだ最大の理由でしょう。そして、靴下は「制服」というカテゴリーから外れた部分へと、変化しているようです。

 スカート丈とともに、20世紀末に激変した制服の、象徴的な部分でもあると思います。

■靴

 セーラー服にふさわしい靴といえば、やはりコインローファーでしょうか。革靴の中でも、やはりこのコインローファーの存在は絶大です。しかし、校則で厳密に規定されていることは少ないです。中学生は体育の授業でも履き替えずにすむため、運動靴であることが多いです。高校生は電車の通学が多いこともあり、特に都市部では革靴が圧倒的です。靴下も含めて足元は、概観上高校生と中学生の差を決定付ける部分でもあります。
 最近ではほとんど見かけなくなってしまいましたが、学校指定の革靴で、ストラップシューズというものもあります。形状はいわゆる「上履き」に近い形で、私立の小学校などでよく見られるタイプです。私のイメージでは、ジャンパースカートに一番似合う靴だとは思いますが、古臭さは隠せません。未だにこの靴を強制している学校も恐らく、存在するとは思いますが、かなりフェティッシュなアイテムかもしれません。これの情報に詳しいサイトは、制服情報交差点 制服EXPLORERがあります。ちなみに、ホンダ学生服でも販売しているのを確認しました。

 北国など雪の多い地方では、ブーツやゴム長靴(笑)を履くこともあるのでしょうか?

■その他アイテム

 その他、珍しい着方として、青森県上北郡七戸町周辺や新潟県上越市周辺などの寒い地方では、カッターシャツをセーラーの下に着るという、なかなか強引な学校もあるようです。日向梓さんの制服メインストリートで確認できます。他地方の人が見れば明らかに不思議な着方ですが、寒い地方では意外とあたりまえのように受け入れられています。防寒の目的とは言い切れませんが、ベストを中に着るという例もあります。これはジャンパースカートと似たような雰囲気で、胸当て以上の胸部の保護を考慮したものとも、考えられます。比較的歴史のある、しかも地方の学校に見受けられます(歴史の項参照)。

 胸部の保護といえば、セーラーズニットというセーラー服専用の下着の存在も、忘れてはなりません。しかし、これについては俗に言う「ババシャツ」同様、嫌われる傾向にあり、高校生では着ている生徒はほとんどいないようです。中学の新入の時に親が買って着せるというのが通例で、最初は着るものの慣れてくると次第に恥ずかしくなって、着なくなるようです。特に最近、防寒のためにカーディガンなどのニットを上に着ることが多くなったせいもあるでしょう。それでも、クラブなどのTシャツを下に着ている女の子は、やはり多いようです。

 防寒といえば、10年以上前はスカートの下にブルマーを穿くのが常識でしたが、20世紀末にはブルマーの衰退と共に、そうした文化も滅びました。現在は代用品として、丈の短いスパッツが普及しています。しかし防寒というよりはむしろ、下着が見えないようにするため、という表現が妥当でしょうか。ブルマーはどちらかというと、見えても恥ずかしいものでした。もちろんスパッツだからといって、スカートがめくれても恥ずかしくない、というわけではありませんね。

 鞄なども、基本的には制服としての規定に含めてもよいかとは思いますが、セーラー服というテーマから逸脱する部分もありますので、この場では割愛します。機会がありましたら、言及したいと思います。

<TOP>

●私、女性なんですけど(^^ゞ

 

 女性のかたでも、かわいい制服にはあこがれるようですね。制服のない学校では、わざわざセーラー服を買って着ている女の子もいます。それくらい人気があるのが、セーラー服です。

 学校で「制服」や「校服」ではなく、「標準服」として定められていることもあります。この場合、準じたものであれば何を着てもいいのです。エセ転校生を演じて違う学校の制服を着るという手段が使えます。普通の生徒がやったりすると大抵先生に注意されますが、「標準服」を理由に言いくるめるのは簡単です。
 例えば「いじめられて破かれたから、親戚にもらった」とか、「盗まれたから」とか「イタズラされた」とか、言い訳は何とでもなります。親を味方につける事が大切ですが、親さえ納得すれば、それはれっきとした「標準服」です(笑)。

 さて、学生以外の人でも、制服ファンは大変多いです。しかし年齢を重ねてしまうと、どうしても抵抗が出てくるようです。ちょっと残念ですね。もしご結婚されているかたでしたら、ご主人を喜ばす手段として、密かに計画されてみてはいかがでしょう? 特にマンネリ化した夫婦には効果覿面だそうです。それに、自分の若さも意外とまだまだだったなんて話も、よく聞きます。制服を着ていると、実際より若く見えてしまうというのもあります。着るだけで若返られる衣装なんて、なかなかありませんよ。とゆーか、着てほしい。

<TOP>

●製作者より

 このページはもともと、私的ブックマークと私的データベースに過ぎませんでした。それをネット上に置いておき、どこでも利用できるようにしていたところ、ロボット系検索エンジンが巡回したらしく、いつしか閲覧する方々が増えてきたようでした。メールアドレスを掲載したところ、それなりの反響があり、その流れで公開を前提にしたページ構成にしたものが元祖「制服を買おう!」でした。

 いつしかリンクも増え、私と似た趣向をお持ちの方々と知り合うようになり、ますますその内容も充実してきました。今後もますます充実してくると思います。みなさまの暖かいご協力に、心から感謝します。

 なお、当サイトへのリンクはご自由に。連絡も不要です。

 ※インターネットはリンクを規制する規則はなく、原則として自分で防御する以外にありません。ログをとるのは大原則ですが、誹謗中傷サイトから自分を守れないなら、ネットでページを持つべきではありません。インターネットにも著作権は存在しますが、媒体自体は「自由放送」に近い特性を持ちます。またこれは、言論の自由に則るもので、誹謗中傷にしても、名誉毀損を明確に立証できない場合は、法的に告訴することは難しいのが現実です。制服関係のサイトに多い傾向ですが、ページをお持ちの方は、どうかご注意ください。

<TOP>

KunadonicSystem©KunadonicSystem:KunadonokamiAoi

転載の際にはご一報いただけると嬉しいです。

《注意》
当サイトは、膨大な数に上る制服関連のサイトと、膨大な量に上る制服情報の交差点として、日々更新に勤めておりますが、記載事項は何ら予告なく変更することがあります。資料性の追求も課題ですが、記載された全ての項目において、その信憑性を保証するものではありません。また、他のサイトとの矛盾や相違も避けがたく、しかしながら当方は、その点において係争する意思は一切ありません。サイトの特性上、無断引用と判断されうる項目もあります。万が一そうした可能性がある場合は、速やかにご連絡ください。できる限りの対応はいたします。

カギの救急車 アポロ製作所 橋本シルク工芸
境南建材 鍵の救急車 カギの救急車のクレームがひどすぎる